2011 / 12
≪ 2011 / 11 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 2012 / 01 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いかがお過ごしでしょうか?

いやぁ、今年も一年 皆様方には大変お世話になりました。誠にありがとうございました。心より御礼申し上げます。


先日は娘の部屋も冬囲いもIto親方にサクッと良いやつ作ってもらったし、このブログを打っている新システムも昨日リーダーに設置してもらったし、いやはや ありがてぇことです。
見よ!この新システム!

新システム

なんかカッチョ良いぜ。よっぽどパソコンできるみでだぜ、できねけど。
安~そこうでもっらたうえに、リーダーにおまけまでつけでもらったすけ、ひゃんでようなったぜ。ありがとやんした。


いやはや、しかし今年もいろいろありましたね。嬉しい事、悲しい事、楽しい事、しんどかった事・・・
大震災の傷跡はそんなに簡単には癒えないけれど、それでも毎日毎日、日は昇り、日は沈む。毎日ご飯を食べて、仕事をして、家族と話して、眠る。何も変わっていないと思っても、少しずつ、少しずつ変わっているようです。来年もそんなに大げさなことはできないけれど、すこしずづでも毎日を楽しんでいければ、平凡な毎日を過ごしていければ、私はそれで十分です。みんな元気でいてくれれば、それで十分。


皆さん、来年もボチボチでいいので 何卒 宜しくお願い申し上げます。
それでは よい年をお迎えください。
スポンサーサイト

いかがお過ごしでしょうか?

きんなの晩げの星空は綺麗だったなぁ。オリオン座も北斗七星も北極星も綺麗に見えたなぁ。雲は出ていたけれど、たまたま見えたんだんろうなぁ。北斗七星を見ていた時、たまさか通った飛行機の赤いシグナルが「死兆星」に見えてビビっておしっこチビリそうになったなぁ。レイみたいにトキから秘孔を突いてもらわんきゃねぇかと思ってヒヤヒヤしたなぁ。それでも1週間ぐれしか生きらんねっけ、貞子の「呪いのビデオ」を見た気持ちになったなぁ。あれはおっかねがったなぁ。しばらく夜中にしょん便いげのなったなぁ。

きんなの晩、倅が

倅   「パパやママの子供の頃はどんな漫画見ていたの?」

聞いてきたので

ひげ  「ん~いっぺやってたっけなぁ・・・「子供マンが劇場」なん言うで、ずっとやってだったぞ。」

倅   「どんなのが好きだったの?」

ひげ  「ん~漫画だば「マジンガーZ」だこでや。あと実写で「ウルトラマン」も「仮面ライダー」もあったし、「フランダースの犬」とか「母をたずねて三千里」とか「あらいぐまラスカル」とか「キャンディーキャンディー」とか・・・あと「ガンバの冒険」とか「家なき子」とか「宝島」とか「ライディーン」とか「ゲッターロボ」とか・・・今もやってる「戦隊ものシリーズ」の元祖、「ゴレンジャー」も見でだぞ。歌はなバンバラ・バン・バン・バン、バンバラ・バン・バン・バン・・・」

と歌ってサビの所まできた時、奥さんの視線を感じました。

ひげ  「ん?」

奥さん 「なんでそんげとこまで覚えてるん・・・おかしんじゃねぇ・・・(あきれ顔)」

そうなんろっか?みんな忘れてしょもだんろっか?まぁ、博士みでにアニソン熱唱しながら泣くのはどうかと思うけど、でも好きだった番組の主題歌なんか覚えてるろ? 

ひげ  「なんでや。なも覚えてるろ?じゃぁ「科学忍者隊・ガッチャマン」の終わりの歌!」

奥さん 「・・・シュバー・シュバ・シュバ・シュバー、うなるエンジン~、科学の忍者~」

ひげ  「・・・覚えてるねっか。倒・す・ぞ・ギャラクター、世界の悪魔~、飛ぶぞ忍法、竜巻ファイター~た・い・よ・う輝く~、地球を守れ―!科学忍者隊、ガッチャマーン、ガッチャマーン!」

オープニング曲も歌って倅に聞かせてやりました。もちろん子門真人さん風に・・・

いかがお過ごしでしょうか?

いやぁ~今朝がたの夢は強烈だった。がおってしょもだぜ。

私は勤め先から何故か自転車に乗って、更に何故か裏の農道を通って帰宅しようとしていた。横町から能代に向かう道とぶつかる交差点に差し掛かって前方を見ると、凄まじい火と煙。1~2軒燃えているなんて事ではなく、南本町の半分が燃えている感じ・・・火事の規模ではなく大災害状態。

ひげ  「うっ なんじゃぁこれは ちょうやべぇぞ

私が五中の脇に抜ける道を自転車で走っている間にも火はどんどん燃え広がり、近付き、私の行く手を阻もうとする勢いだ。前方に工場が見えるが南側は既に燃えている。私が横を通ろうとした時には北側の道路に面した壁からも火が吹き出した。身体に火がついた人が必死になって消そうとしている。

ひげ  「ちくしょう 何なんだこれは

五中の脇を抜けようとした時、何処かが爆発火の塊が雨のように降り注ぐ。旧蒲鉄跡地を抜けて寺沢に入った。とりあえず娘の携帯に電話をする。呼び出し音が聞こえるが誰も出ない。

ひげ  「さっさと出れや なにしてやがる

しばらくして聴き慣れない声が聞こえる。

「はい、○○さんの携帯です。」

ひげ  「めさん誰だね?○○は?」

どうやら先生のようだ。娘は部活の合宿で五泉にはおらず、今は練習中で電話には出れないとのことだった。はぁ~何故俺はそんな事を知っていないんだ?まぁしかし今五泉に居ないのであれば、それはそれでOKだ。心配事が一つ消えた。家路を急ぐ。背後に迫る火勢は尋常ではなく、寺沢が火に包まれるのも時間の問題だ。何処へ逃げるとりあえず川を越えよう。早出川を越えて東へ。それでも駄目なら阿賀野川を越えてさらに東へ。義母や妻、チビ連合をせき立て、必要なものだけを持たせる。

ひげ  「逃げるぞ



・・・目が覚めた。
夢は深層心理を映す鏡というけれど、俺は何からそんなに逃げ出したいのだろう?大災害と同じくらいにやばい事って何なんだろう?危機に直面しているのに気持が高揚していたのは、いや むしろ燃えていたのは何故だろう?俺は何処へ行き、何がしたいのだろう?自分の事なのに解らない。全く解らない。またどっかおかしくなってきたのかな?脳味噌、腐ってきたのかな?

そらそれで・・・しょうがねぇな。

いかがお過ごしでしょうか?

はよ冬休みにならねがな~。子供達ばっかずぅれぜ、おらだって休みでがに。きんなも小さいながらも会社の社長さんとお話しする機会があったけど

社長さん 「ひげさん、今は最高に面白い時代だね!自分のやりようでいくらでも業況を拡大できるよ!私は仕事が面白くてしょうがないよ!」

ひげ   「・・・はぁ・・・多分そんげこど言うでっかんは社長だけですよ。俺なん食でいかんねっけ、しょうがね働いてます。できればダラダラ暮らしたいです。日の光を浴びながら風呂入って、朝寝して、そういうふうに暮らしたいです。」

不毛だ。こうも考え方が違うと語り合うこと自体が時間の無駄だ。



(つづき)

カナダでトロフィーサイズのマスキーとの逢瀬を終えた俺は、再び南半球に向かった。次の目的地はオーストラリアだ。俺の彼女「コール」の故郷だ。彼女の御両親にも挨拶せねばなるまい。それからコアラやウォンバットを抱いて「ムニュむにゅっ」としなければなるまい。それから・・・
今回の最大の目標は奴に会うためだ。

バラマンディー
1バラマンディー

四国の四万十川にいる幻の巨大魚「アカメ」の親戚だ。海水と汽水域に住んでいる。体長2m、重量60kgにもなるビッグファイターだ。

真っ青な空と赤い土の境界線がただただ続いている。乾ききった赤土しか見えない荒野に流れる川。メアンダー(蛇行)によって形成されたワンド・・・枯れた葦のような茎が水面に出ている。まばらに生えた水生植物だけが生命を感じさせる。乾いている、この土も、空気も、俺の心も。奴に会いたくて、語り合いたくて、戦いたくて、力ずくでねじ伏せたくて。土の色と同じ赤褐色に濁った川を漂うボート。キャストを繰り返す俺だけが動いている。大きめのスイッシャー(ルアーの頭とお尻にプロペラがついている奴)が引き波をたてながら水生植物の間を抜けてくる。
スイッシャー

何度目かのキャスト、群生した水生植物の際、スイッシャーがよろめいた・・・

水面が爆発した。

バラマンディー2

凄まじく大きな水柱と爆発音をたてながら奴はルアーに躍りかかった。フックアップ!死闘が始まった。互いに全身の力、細胞に刻み込まれた経験、幾多の強敵から学んだ知識、フル動員で戦う。余裕などない、ただひたむきに、ただ全力で、ただ二人だけで、ただ戦った。

奴は大きな腹を波打たせながら俺の側に横たわっている。言葉は無い。俺は震える全身を抑えながら、噛み合わない前歯で煙草を噛んだ。青い空に雲が一つたなびいた。

昇華した。

いかがお過ごしでしょうか?

いやぁ寒ぁめねぇ。山も田んぼもすっかり冬景色になっちゃってねぇ、綺麗なんだろうけどやっぱ「だって」だなぁ。冬、嫌い!

(つづき)
俺はカナダに飛んだ。あいつに会うために・・・

マスキー・・・
マスキー
パイクの親分だ。ノーザンパイクはアングラー(釣り人)のバイブル「釣魚大全」にも出てくるからみんなも知っているだろう・・・しっ、知らない?!勉強してくれたまえ。小骨は多いが白身で上品な肉を持つ魚だ。アングラーの新約聖書「オーパ!」や「オーパ!オーパ!」(著:開口健氏)などには写真入りで載っていたはずだから是非読んでみてくれ。「釣魚大全」は私にとってはとてもつまらない本だったが、「オーパ!」シリーズはとても面白かった。民族、文化、国家、政治、風俗、様々な視点から考察し、更にその中で釣果を上げていくというなんとも贅沢な読み物だ。写真もふんだんに載せられたとても綺麗な本なので是非!
それでだ。この雑誌はマスキーを釣らない方法を載せてあるようだが、そりゃぁとんでもナッスィングだ。マスキーとの出会いはアングラーの夢。ましてや写真のようなトロフィーサイズとなれば、そりゃもう宝くじに当たるような確率だ。会いたいぜ、おまえに・・・
「でかい魚はでかい餌を食べる」の法則により、マスキー釣りのルアーも超ヘビー級、ウルトラサイズ、Ito親方のポコ○ンサイズだ。キャアスト&リトリーブをつづける・・・突然ルアーが動かなくなった。根掛かりしたようだ。ウンともスンとも言わない。河床の流木にフックアップしたのだろう。

ひげ 「う~ん、やってもうた・・・」

ロッドを思いっきりあおったその時、ぐらり・・・と、まさに大きな丸太のような魚体が動き出した。そこからの死闘は想像を絶した。まるで永遠のように思われた1時間後、奴はようやくその巨体を横たえた。
昇華した。

いかがお過ごしでしょうか?

もう12月も半ばですね。速いなぁ・・・「師走」だからねぇ。師匠も何処かで走っているんだろうか?
さて、宝くじ妄想シリーズはまだまだ続く予定です。「金があったら何をするか?」なんてくだらない話が続くので御容赦ください。ちなみに私、ひげは年末ジャンボ宝くじ買ってません(笑) ってか、金が無くて買えません (爆)
でも妄想くらいは出来るんですよ。そういう訓練だけは毎晩毎晩重ねてきましたから・・・


宝くじ妄想シリーズ(世界を釣る編 vol.2)

アマゾンの秘境で俺は数々の死闘を繰り広げた。ツクナレのトルクは俺のロッドをやすやすとへし折り、ドラドのジャンプは飛沫を金色に変え、ペーショ・カショーロは竜が天に昇るように体をくねらせた。その始原的な豊饒は現代社会で錆びついた俺の根幹を沸騰させ、変色させ、昇華させたけれど、残ったものは傷だらけのプラグ、虚ろな目、痺れ震える腕、青い空に雲と見まがう煙草の煙だけだった。勝利も敗北も、栄誉も瓦礫も、何も生み出さない戦いは終わった。

南米をあとにした俺はコスタリカに新たな戦場を求めた。今度の友はターポン。
ターポン2

肉は不味いが超ファイターだ。奔る、飛ぶ、そしてでかい。

ターポン1

みごとなジャンプだった。全身の細胞が友との戦いの中で凄まじいスピードで再生と分裂を繰り返した。君に会えたことに感謝するよ。

俺の夢は、というより釣り師の夢はターポンの鱗で名刺を作る事だ。もったいなくて配れない。交換など出来ない。出したらひっこめる。

ひげ  「はじめまして。ひげと申します。(鱗名刺を出す)」

相手  「おぉ、珍しい名刺ですね。私は○○と申します。宜しく。」

(私の手から名刺と受け取ろうとした相手が力を込めて引く。私は離さない。ググッと・・・)

ひげ  「やらねぇよ。もったいなくておめぇみてぇな野郎にはやれねぇよ。」

商談にすらならず、交渉決裂だ。

いかがお過ごしでしょうか?

いやぁ、いい天気になりそうですね!やっぱり晴れの方が気持ちがいいやね!

(宝くじのつづき)

やっぱりあれだね、俺は釣りキチ(という程は無いけれど・・・)だから一度は行ってみたいね
アマゾン
アマゾン川で思いっきりバカでかいフィッシュイーターとゲームしたいね!ツクナレ、ドラド、ペーショ・カショーロ・・・

ツクナレ
ツクナレ
ツクナレはバスの王様だね!超ファイターだね!大きくなると頭にコブができるらしいね。「コブとりじいさん」ならぬ「コブとりバス王様」だね。「こぶとり」つながりで小太りおじさんが釣るって言うのを実現してみたいね!

ドラド
ドラド
ドラドは「金の鮭」だね。こいつも超ファイターだね!こんなハゲ爺さんが釣ったとは思えないね。見た目にカッコいい魚だね。

ペーショ・カショーロ
ペーショ・カショーロ
もはや怪獣だね・・・こいつも超ファイターだね。この図体でテールウォークとかされたらおしっこチビるね!この牙にやられたらルアーなんかイチコロだね。たくさん必要になるね。
あぁぁ、素晴らしいファイトになりそうだ。釣ってみてぇ

となると当然そのファイトに耐えうるタックル(道具)が必要になるね。釣具屋へゴー
買うね・・・買っちゃうね・・・大人買いだね。ロッド、リール、ライン、ルアー、その他備品・・・

ひげ  「あれとこれと・・・これだけ欲しいんだけど、おいくら万円だね?」

店員  「はっ、只今。・・・ざっと100万円程・・・」

ひげ  「なにやねぇ、そっつぁばががね!この束でたりるぁんかね、ほいね。」

ボトッ! やってみてぇ~(つづく)

いかがお過ごしでしょうか?

はぁ~何もやる気が出ねぇ。前向き、陽転思考、ポジティブ・・・俺には全く縁の無いことだねぇ。仕事でも言われる。

「ひげは石橋を叩いて壊すタイプだね。」

そうさ、俺は後向き、暗転思考、ネガティブだ。そうやって生きてきました!

「出来ません、無理です、と言わない。」

バガだが?出来もしねこと「とくぞう」なって「おまかせ下さい。」なん言うで、あどで迷惑かけるんだば「出来ないことは出来ない。」って言うだほうがいいに決まってるろが。せっぺ強がっても「今の俺には出来ません。」だ。それは出来ねけどいくつかの代替え案はある、ただ要望どうりには出来ねって言うのの何が悪いんだ?てめぇの身の丈もようわがらねで寝ぼけたこど言うような奴は信用出来ねね、と俺は思うんだけど・・・なじなんだろ?

いやぁ、寒ぁめね。先週の土曜は平地にも雪降ったし、冬本番だね。懐具合は氷河期だね。いろいろあったけど・・・宝くじが当たって一年を締めくくるってことにはならねんだろっか?
・・・どうする?宝くじあたったら・・・
俺はあれだね、一回ぐらいは今までお世話になったお礼の意味も込めて、近しい男衆連れて温泉宿で芸者さんだらコンパニオンちゃんだらあげて杯盤狼藉だね!殷の紂王よろしく酒池肉林だね!どろぼうひげの野郎は調子よく楽しんでそうだね。キムはコンパニオンとプロレスしてそうだね。師匠は珍しく声をあげて笑ってそうだね。博士はろれつが回って無さそうだね。Itoさんは大きすぎて悲鳴が上がってそうだね。ハセぴょんは下品に笑ってそうだね。チノウさんはシッポリしてそうだね。古○はボヘミアン歌ってそうだね。ふっとごんは骨折してそうだ。みんな楽しそうだ、そんなの見てたら俺も楽しくなっちゃうんだろうなぁ・・・(つづく)

いかがお過ごしでしょうか?

いやぁ~ちかれました。3日間も東京、それもコンクリの上に2日間立ちっぱなしは、おじさんには堪えるぜ・・・朝から晩まで立ちっぱなし、煙草吸うときも、飯食う時も、しょん便する時も・・・足の裏が痛いっす。
おどでんなの晩げに帰ってきましたが、昨日はちかれてさっさと帰って寝ました。展示会は休みの前の日にやって欲しいと切に願っています。

さて今回最大の目標(?)でありました例の地鶏ですが・・・食べました。3人で行って腹一杯になりましたが・・・言う程でもねぇぞ。まぁ、「期待に夢が膨らみすぎて肩透かし」って奴でしょうか。心の中のハードルが上がり過ぎとでもいいましょうか、味の解らない男達とでもいいましょうか・・・言う程でもねぇぞ、というのが全員の感想です。「ハツ」と「せせり」の焼き鳥は美味しかった。肝心の鍋が・・・もっと白濁したトロッとしたスープを想像していたのですが意外とクリアー・・・この時点でテンション・ダウン。食べてみたら「あぁぁ、やっぱりねぇ・・・」と・・・残念無念と申し上げるしかございませんな。違うお店で食べたら別物!という事もあるので、その辺に一縷の希望を残しておきたいと思う次第でございます。
一番美味かったのは山手線ガード下の立ち食いそば屋で食った「メンチカツ」だったでしょうか?メンチカツラーメン(ラーメンにメンチがのってるだけ)を食べたのですが、ラーメンは期待する方が間違い、長物が食いたかっただけ、と開き直ってください。しかしメンチはなかなかやりおる。最初はパリっと、時間がたつにつれてラーメンのスープを吸い上げてジュブッと・・・ん~なかなかやるではないか。こりゃ白い飯が必要だの。次回はそのコンビネーションで勝負しましょう。

お仕事そのものはお祭り騒ぎなのでその場での成果など期待できません。ここを足がかりにどう動くかということになる訳ですが、なかなか強力な足がかりを構築しつつあると言ったところでしょうか。頑張るべし!
福島の方々もたくさん出展されておりましたが、震災と闘いながら皆様 魅力ある提案をされていました。立派だ!

もう冬かぁ・・・雪も降りそうだね。こんな日はコタツに入りながらフォークでも弾き語りしたいとこですな。


いかがお過ごしでしょうか?

今日はバガいい天気でなしたね!冬だってがに、こういう日があるとちっと嬉しくなるね。やっぱお日様の力ってすんげんだね。ありがとうございました。

きんなの晩げは「接待」でした。こちらが接待するほう。いやしかしバガみでに高~げかったぞ!何処とは言いませんけどあの内容であの値段はねぇぞ!納得いがねなぁ~。そんげにうんめってわげでもねぇし、なんだやらちっと有名だったり、店の造りが良いっけって調子ぶっこいてると誰もこのなるぞ!もっと自分のとごの店だの料理だの客観的に評価できねばだめだこでやれ!俺的にいえばもう駄目だね、悪~れけど「おしまい」。よっぽど性根を入れ替えて真摯に商売しんきゃねぇぞ!
・・・って言ってやりたいけど、気が弱いので言えませんでした。新潟では有名なお店らしいんですけどね。何かお客さんに悪~れがったなぁ。やっぱ人の評価何か駄目だな!自分で行ってみて、食でみで、自信のあるとこだけで勝負しよう!・・・って個人でなんかそんげに高いとこ行げるわげねぇぞ・・・だめだな。

明日はお休みダス。嬉しいっす。皆様も良い日をお過ごしください。

いかがお過ごしでしょうか?

いやぁ~寒いですね!五泉市内から見える周辺の山々にも2回目の冠雪が見られます。あと1回山に降ると平地にも雪が降ると言われています。きっといつものように強烈な「雪降し」(雷)が鳴る事でしょうね。あぁぁ、なんだか本格的に冬に突入すると思うとちょっとブルーだな・・・この週末にはタイヤも交換しておかなければいけませんな。なにせ私の車のタイヤは「ツルッツル」です。誰の頭とは言いませんが、そんな感じです。1本だけパンクで新しいのを履いていますが、それ以外はシワ無し・卵肌・・・アンチエイジングに努力されている方もいると思いますが、タイヤは使えば使う程ツルツルになるという・・・何とも羨ましい限りでしょうね。

来週は東京へ3日間の出張です。大きな展示会があり、そこに私の御勤めしている会社も出展するので、営業の私もそこに行きっぱなし、となるのです。コンクリートの床に2日間立ち続けるのはデブの私にとってなかなかに堪える仕事なのです。足の裏とふくらはぎはパンパンだし、腰も何やらおかしくなるし・・・ん~やはりちょっとブルーだ。
しかし!今回は

「天草大王の水炊きを食べる

という壮大かつゴージャスな目標があるので気を引き締めて、体調を万全に整えて臨みたいと心に誓っている訳です。このショボショボの身体に日本最大の地鶏・天草大王のコラーゲンをこれでもかと詰め込んでこようと画策しておる訳です。

鶏、好きだ~大好きだ~

ひげぼうず

Author:ひげぼうず
ひげぼうずの日々日常

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。